無添加

ドッグフードをブレンドするメリットとは

ドッグフードはメーカーにより原材料が異なるので、飼い主から見てもニオイの違いに気づきます。
犬の嗅覚は人より優れているので、ドッグフードの違いはもっと良くわかっています。
食欲旺盛な子は特に好き嫌いなく、なんでも食べてくれますが、食が細いと食べなかったり、味に飽きてしまうと食べなかったりします。

こういう時はドッグフードのブレンドがオススメです。
今はドッグフードの質も向上していて、栄養バランスも整っていますが、元々肉食系の犬は時々タンパク質が不足する事がありますが、高タンパクなドッグフードを混ぜるだけでも、栄養バランスも栄養価も高まります。
健康状態に応じて、ドッグフードをブレンドするのも良い方法です。

ちょっとわがままで頑固な犬には、時々トッピングとしてブレンドをすると効果的です。
お腹がすけば食べるだろうと放っておくと、頑固な子はいつまでたっても食べようとしません。
こういう時は健康上の問題もありますから、いつものフードに香りの違うフードをブレンドすると興味を持ち食べる事があります。
カリカリだけでなく、レトルトをブレンドする事もできます。
食感の違うフードは犬にとっても興味があるので、すんなり食べてくれる事が多いです。

犬も高齢になると噛む力が弱くなり、歯が悪い子は硬いフードが食べにくくなります。
多少歯ごたえはあった方がいいので、噛めるうちはカリカリにレトルトや半ナマタイプをブレンドする事もできます。
噛めないからと完全に柔らかいフードにしてしまうと、噛む力も衰えますし、歯石がつきやすくなるので、噛める間はカリカリも食べさせてあげましょう。
ドッグフードをブレンドする事によるメリットは意外とたくさんあります。

年齢に応じてドッグフードを見直す場合は、いきなり全部変えてしまうとお腹を壊す事があります。
こういう時もブレンドの割合を変えながら、最終的に全部切り替えていけば体に負担をかけずに、フードの切り替えができます。