無添加

ささみで手作りドッグフードとは

蒸し暑い夏は人も食欲が落ちますが、これは犬も同じです。
食欲旺盛な子なら季節に関係なくモリモリ食べてくれますが、食が細い子や好き嫌いが激しい子は食欲が落ちやすいため、夏バテをしやすくなります。
もちろん夏以外にもドッグフードを食べてくれない時がありますが、そういう時に役立つのがささみの手作りドッグフードです。

食物アレルギーがある場合は完全な手作りドッグフードになりますが、ドッグフードを主食にしている場合は、トッピングとして使います。
スーパーなどで売っている鶏のささみを買ってきて、味はつけずにお湯で湯がくだけでOKです。
後は食べやすい大きさに切るか、手でちぎってもOKです。
ゆで汁にはダシが出ているので、少し汁を混ぜてもいいでしょう。

ドッグフードだけでも十分に栄養バランスは整っていますが、さらに工夫して冷蔵庫にある野菜を細かく刻み一緒に茹でるのもオススメです。
犬は元々肉食ですが雑食でもあります。
ただし肉は消化できますが野菜を消化する力が弱いので、消化しやすいよう細かく刻み、柔らかく茹でるのがポイントです。

カボチャやサツマイモなど、そのままでも甘味の強い野菜は犬も喜ぶので、可能であればプラスしてあげてください。
鶏のササミはタンパク質が豊富なので、犬にも安心して食べさせられます。

ただし鶏のささみに含まれるリンとカルシウムは、過剰摂取をすると体のバランスが崩れる恐れがあります。
毎食のトッピング程度なら問題ありませんが、完全な手作りドッグフードにする場合は、ササミ以外にも何かを混ぜてかさ増しをして、過剰摂取にならないよう注意してください。

手作りドッグフードというと一から作るイメージですが、ドッグフードにトッピングするだけでも立派な手作りです。
食欲が落ちている時も、ササミと野菜をゆででフードに混ぜると、いつもと違うニオイに興味をもって食べるようになります。
犬も毎日同じ味では飽きる事もありますから、時々は手作りドッグフードで気分転換するのも良い方法です。